マカは頭痛に効果的?それとも頭痛の副作用がある?

頭痛は様々な要因で引き起こされますが、マカは弛緩性の頭痛に効果を発揮します。

マカは頭痛を緩和するといった効果がある一方で、逆に頭痛を引き起こしてしまう人もいるようです。

基本的に副作用は医薬品に存在するものですから、食品であるマカには心配ないとされています。

しかしマカは強い効能を持つ植物なため、人によっては頭痛などの副作用を感じることもあるのです。

では早速、マカが頭痛の改善と予防に役立つ場合と、副作用が出るケースについて検証していきます。

マカは頭痛の改善・予防になる

頭痛には、いくつか種類があり、弛緩性頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛があります。

マカが効果を発揮する頭痛は弛緩性頭痛といって、血管が拡張し神経に触れることによって頭痛が発症する場合です。

マカには脳の下垂体に作用して、自律神経を調整するという作用があるので、リラックスしすぎて脳の血管が拡張し、頭痛が引き起こされている場合には、適度に血管を収縮させて、頭痛を抑制させることができるのです。

弛緩性頭痛の特徴は、緊張した後に頭痛が起きたり、仕事の後や休日などリラックスしている時に頭痛がするといったタイプです。

また朝起きた時や夜など、特定の時間に頭痛がしたり、精神症状が不安定な時の頭痛もこれに当てはまります。

特に緊張した後や仕事の後に必ず頭痛がするといったケースは、弛緩性頭痛の特徴なので、そのような症状はマカが有効に働きます。

慢性的に頭痛を抱えている方は、マカを継続的に使用して、急性の場合には、頓服的に使用するようにします。

緊張性の頭痛はマカは期待できない

マカが有効に働かない頭痛のタイプは、緊張性の頭痛です。

例えば、緊張や興奮すると頭痛がしたり、風邪に伴う頭痛、そして生理痛に伴う頭痛、イライラした時に出る頭痛、のぼせを伴う頭痛にはマカで改善することは期待できません。

このような頭痛があるときにマカサプリを摂取すると、逆に頭痛を悪化させてしまう可能性も出てきます。

もしそのような症状が見られた場合には、一度飲むことを停止して、様子を見てみましょう。

マカを摂取すべきでない人は?

マカは素晴らしい効果が多くありますが、中には摂取を避けたほうがよい人もいます。

例えば甲状腺疾患を患っている方、アブラナ科の野菜にアレルギー反応がある方、にきびが気になる方は、マカによって症状を悪化させてしまう可能性があるので利用を控えましょう。

またマカサプリを飲んだあとに、いつも頭痛がしたり、不眠が続いたり、気分のむらを発症した場合には、体質的にマカが合わない可能性もあります。

マカサプリを飲み始めてから頭痛が治まらない人は、1日の摂取量や回数を減らすなどすると、改善されるときもあります。

そしてホルモン分泌障害を患っている方、肝臓や腎臓を患っている方、経口避妊薬を服用している方、子宮筋腫を持っている妊婦の方は独自の判断でマカサプリを飲むのはおすすめできません。

頭痛を改善・予防するためのマカの摂取方法

マカは医薬品ではなく、健康食品に分類されるので、決められた摂取量や飲むタイミングはありません。

自分の好きな時間に飲んでも、副作用が現われるということもないので基本的に自由に飲んでいただけます。

マカの適量は、1日に1,500mg程度とされていますが、吸収率にこだわるのであれば、飲む回数を複数回に分けた方が効率的です。

例えば、朝昼晩の3回に分けたり、朝晩2回に分けるといった工夫をすることで、1日1回よりも効果的にマカを吸収できます。

飲むタイミングはいつ飲んでも十分な効果を得ることはできますが、少しでもアップさせたい場合は空腹時に飲むのがおすすめです。

マカサプリの過剰摂取は頭痛の副作用を引き起こす

マカは1日5,000mg以上を摂取すると、過剰摂取となり、頭痛を悪化させてしまいかねません。

また体質によっては、体調を崩してしまう可能性もあります。

マカの効果を最大限に活かして頭痛を改善・予防するには、1日1,500mgを目安に摂取していきましょう。

マカを飲んでいる方は、時々ひどい頭痛に悩まされることがあると聞きます。

辛い頭痛の副作用を引き起こさないためには、1度に大量のマカサプリを摂取しないことが大切です。

そして頭痛がしやすいかたは、摂取目安量の1,500mgよりも少ない量から飲み始めることをおすすめします。

少ない量でマカを摂取すれば、万が一頭痛の副作用が出た場合でも、ある程度抑えることができるからです。

特に甲状腺の病気を抱えている人や心臓病を患ったことがある人は、マカサプリを自己判断で利用する前に、医師に必ず相談されることをおすすめします。

まとめ

マカは、緊張した後や仕事の後にいつも頭痛がする場合には有効に働いてくれます。

しかしマカを過剰摂取すると、頭痛を悪化させてしまうので、くれぐれも摂取量を守ることを忘れてはいけません。

頭痛に悩む方はぜひマカを日常に取り入れて、頭痛対策に役立ててみてください。